読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

不動産て高く売り出せば高く売れる?

その物の価値を無視して高く売り出せば、高く売れるだろうか?

普通は売れ残るだろう。

でも世の中には高く売れると思い込んでいる人がいるらしい。

ch.nicovideo.jpz

上記のブログではこう主張している。

というのも家を売る場合、出来るだけ多くの査定をもらって、その中から一番高い不動産屋に販売を依頼する事が家を高く売る唯一の手段なのです。

なら、猫屋が100万の不動産を1000万で査定してあげよう。

だから猫屋に販売を依頼しなさい。

 

 

不動産屋の査定はその価格で売れると保証するものではない。

あくまで参考価格。

つまり、3ヶ月以内で売れるだろうと思われる価格が査定価格なのだ。

だから3ヶ月以上かかろうと、高すぎて売れなくても不動産屋は別に困らない。

 

 

えっ?売れなきゃ仲介手数料が入ってこないぞ!って?

その時は他の売りやすい物件を売ればよいのだ。

 

 

物件の売却に時間が掛かると困るのは売主だけだ。

売主は売却した金で次の買い物をする予定を立てているのが普通。

売れなければ予定はいつまでも未定。

だから困る。

焦る。

いよいよになると安くてもいいから早く売りたい、となってくる。

 

そこで不動産屋は値下げを勧める。

ところが市場では昔から売り出されているのに売れない売れ残り物件だから、なにか欠陥でもある物件ではないかと疑われ少々の値引きでも売れない。

挙句、相場以下の捨て値、バーゲン価格で叩き売り!

 

一番高いところと安いところで500万円以上違うなんてことも多々あるようです。

 

買主も馬鹿ではない。

マイホームなんて一生に一度の最も高い買物だ。

皆さん必死で研究する。

相場の価格など不動産ポータルサイトで普通に掲載されている。

以上に高ければ見向きもしない。

 

真面目な不動産屋なら高ければ売れない事は百も承知だから、まともに査定しようとする。

査定する責任もある。

だから500万の差なんてそうめったには出ない。(物件が1億とかならたまにあるかもしれないが、、)

 

500万の差がでるのは、欲深い売主を引っ掛ける為。

引っ掛けて、専属専任又は専任媒介でしばり、塩漬け(放置)。

焦ってきたところで値ごなし(価格交渉)してバーゲン価格で叩き売り。

これが一番楽な商売なのだ。

もちろん、塩漬中に他業者から問い合わせが来たら、『商談中』と嘘をいって断る。

これが『囲い込み』というやり方だ。

 

売主から確認されたら、サクラを使って適当な引き合い話をでっちあげる。

後での値ごなしに備えて、値引きに応じやすいように仕掛けを仕込んでおくのも忘れない。

『いやぁ~、先日問い合わせしてきた客、契約直前までいったんですけど、どうしても予算が200万あわなくて、、。まあ、この先なにか問い合わせがあれば200万引きくらいは予定しておいてください。』

これを繰り返し、気がつくと相場以下。

 

 

まあ、このような話に引っかかる売主は『自分の不動産は特別だから高く売れて当然』と理由もなく信じている輩が多い。

 

世の中、詐欺にひっかかるのは欲深い奴と相場は決まっていいるのだ。