読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

アカデミー賞に想いを寄せる

今年のアカデミー賞は黒人が受賞したためか、昨年ほど白っぽくないようだ。

その代わりトランプ批判。

とにかくメディアはトランプが大嫌い。

それは日本も同じである。

先日の池上彰氏の 2時間SPもそうだった。

www.youtube.com

本来の報道とは肯定的な意見と否定的な意見両方を取り上げ、最終的な判断は視聴者に委ねるべきだと思うのだが、何故か池上彰氏は断定する。

まるで全知全能の神だ。

 

これは池上氏だけではない。

殆どのマスコミがそうだ。

そして悪質なのは殆どが匿名記事。

新聞でも署名記事は数えるほど。

つまり巨大新聞や放送局の影に隠れて言いたい放題。(それからいけば池上彰氏はまともかもしれない)

 

つい最近も、大阪・豊中市にあった国有地が、鑑定価格より大幅に低い価格で学校法人に売却されていた問題。

この事件を紹介する際のコメントは『8億円も値引きされた』という枕詞がつく。

そしてその後に、ごみの撤去費用として、、、と続いていく。

 

不動産取引では地下埋設物は瑕疵にあたる。

買主が瑕疵の存在を知らずに購入した場合、売主に損害賠償などの請求ができる。

そして大切なことはごみの撤去には結構な費用が掛かるという事だ。

何故なら分別しないといけないからだ。

基本は人力。

もし医療廃棄物等が混ざっていると、話はもっとややこしくなる。

 

そして、これも大切な事だが、買主は撤去費用を貰って(値引き?)も、撤去しなければいけない義務はない。

買主自身がそれでよいならそのままだ。

それで困るのは買主自身。

先々、転売するときに撤去費用を負担するか値引きすることになるだけ。

それ以前に得体のしれないゴミの埋まった小学校の校庭で遊ばせたいと思う親はいないだろう。

 

話は随分とそれたが、アカデミー賞に黒人枠があるなら問題だ。

審査はあくまで作品の質で決めるべき。

有色人種だからというのは理由にならない。

それは女性の議員や法人役員・管理職に枠を設け目標達成率を競うのと同じ事だ。

質や能力でなく、枠で決まるなど意味はない。

逆に本人が苦しむだけ。

民進党の代表が良い例だろう。

 

又、イラン人の監督授賞式への出席の拒否も如何なものか。(気持ちは解からんではないが)

ただ、9.11や今世界各地で起こっているテロを考えれば、入国禁止というのも解からんではない。

もし日本も東京オリンピックイスラム国の不法入国者にテロを起こされたらどうだろうか?

不法移民もそうだ。

日本に不法入国している外人が強制送還されたからといって、誰も文句は言うまい。

それとも不法入国した哀れで善良な難民に生活保護を与えてやろうとでも思うのか?

職を与え、日本人自身は失業や非正規の低賃金にあえぎたいのか?

 

日本は移民や難民に門戸を拡げているとは言い難い。

その代わり企業は海外に進出して国内の雇用を奪っている。

 

トランプはメキシコ国境に壁を建てることで国内の雇用を守ると言っている。

日本はどうやって国内の雇用を守るのか?

賃金労働者の4割が非正規になっている。