読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

蓮舫さんとトランプさん

トランプ大統領の評判が悪い。

 

ムスリムを主体とする7カ国からの入国を制限する大統領令をマスコミは「暴走トランプ」と評したが、この制限令は公約ではなかったか?

この公約を掲げて大統領になったのではなかったか?

 

昨日のTVでトランプ氏に批判的なデーブスペクター氏は「過半数の得票を得ていない」と評したが、憲法や法に従って大統領になったのだから問題ない筈だ。

このあたりのロジックは日本の左翼が批判票や反対票を無視するなと声高の叫ぶのと同じだ。

 

昨日のTVの出演していた他のコメンテーターはもっとひどい。

「レベルの低い英語で同じ事を繰り返す馬鹿。」

「レベルの低い英語」とは誰が聞いても解かりやすいという事であり「同じ事を繰り返す」のは印象に残らせるためだ。

それが解かっていない、コメンテーターなのに。

ちなみにトランプ氏はペンシルベニア大学大学院ウォートン校にてMBAを取得しているが、馬鹿が取得できるのだろうか?

何より馬鹿が『アメリカの不動産王』と呼ばれることが可能なのだろうか?

 

確かにトランプ氏の言動は過激だ。

実現可能かどうかが解からない事は本人が一番よくわかっているだろう。

でも公約を実行している。

今回(入国制限令)は裁判所からストップがかかった。

多分それも織り込み済みだろう。

 

トランプ大統領にとって大切なのは公約を実行できたかだ。

そこが某国の旧民主党とちがうところだ。

あのマニュフェスト詐欺というか「やるやる詐欺」はひどかった。

今は外国籍の女党首が青筋立てて人の悪口(批判?)ばかり喚いている。

 

ところで、なぜこにこと微笑みながら討論をしないのだろうか?

そっちのほうがすごみや迫力があると思う。

 

できない理由を考えてみると、、

きっとこの人は人間になり立てで、前世はスピッツだったのだろう。

臆病な犬ほどよく吠える。

眉間にしわを寄せてキャンキャン吠えたてているのだ。

 

だから軽い。

そのような人もどきを選んで、何故支持率が回復すると思うのだろうか?

ほんと、不思議な政党だ。