読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

従軍慰安婦像竹島上陸?

今日の産経にあった記事

www.sankei.com

あれ?

慰安婦問題は、日韓合意で最終的かつ不可逆的に解決されることが確認され、日本政府は10億円の支払いを履行している。

釜山はもちろん、竹島にも設置するなら最終的かつ不可逆的に解決されることが確認されたとは言えない。

 

韓国大統領選への出馬を表明している潘基文国連事務総長は『慰安婦像の撤去の条件なら金を返すべきだ。』と発言している。

金を返せば済む話だろうか?

 

猫屋は不動産屋である。

契約に立ち会うのは日常茶飯事だ。

契約とは約束である。

日韓合意も約束だ。

だから日本政府は約束である支払いを履行した。

つまり契約(約束)の履行である。一方の当事者が契約の履行を着手した場合、相手方は契約を一方的に解除できない。

合意が必要だ。

 

つまり10億円返せば済む話ではない。

普通なら、謝罪と賠償が必要になる。

そう、どこかの国の口癖と同じ、謝罪と賠償だ。

 

 

東海大学の韓国出身の教授は、日本人(稲田朋美防衛大臣)の発言『10億円は慰安婦像撤去が拠出条件』のせいだと言っている。

そして慰安婦像撤去は努力目標だと言っている。

 

では釜山や竹島に新たな慰安婦が設置されることが韓国の努力の結果なのだろうか?

国家として、最終的かつ不可逆的に解決されることが確認されたと合意しているのにその結果が、新たな慰安婦が設置なのか?

これは解決ではなく蒸し返しではないのか?

 

一方、日本の外務省は、早期帰任を模索している。

www.sankei.com

外務省の役人は日本の中央省庁きってのお公家さん集団である。

お公家さんができるのは子供をつくることだけ。

情報収集などできない。

だから相手に媚びを売って情報を流してもらう。

それが外務省のお役人様。

今回も韓国に媚びを売って情報を恵んでもらおうとしているのだ。

 

 

早いとこCIAのような情報機関を作るべきだ。

そうしないと情報乞食だらけになる。

 

でも蓮舫福島瑞穂が反対するだろうな。