読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

願いを叶える その1

日本人の約70%は神の存在を信じてないらしい。

今の宗教の在り方を見るとそれも仕方ないだろう。

 

でもいざとなると信仰心に目覚める人も多い、ただし一過性だが、、。

自分の力ではどうしようもないことが起こると、神頼みだ。

でも大概はなんの解決にもならない。

奇跡は起こらないのだ、めったには、、、。

 

何故おこらないか?

神様は忙しいからだ。

人類だけでも70億はいる。

皆がお願いすれば70億通りのお願い事がある。

一人で複数なら当然それ以上だ。

もし順番待ちなら、最後だと70億番目となる。

その間にその人の気持ちが変わったり、死んだりすれば叶わない。

それを見ていた人は、やはり神はいない、奇跡は起こらない、となる。

 

スポーツにシード権というのがあるように、神様へのお願いにもシード権ができる。

つまり他の人より優先されるという意味だ。

シードされれば早く願い事が叶うかもしれない。

つまり神様に依怙贔屓されればよいのだ。

ではどうすれば依怙贔屓されるか?

 

神とは意思を持った一つの知的エネルギー体だ。

それはこの広大な宇宙空間を満たしている。

その宇宙は膨張している。

そのため神も膨張していかなければならない。

膨張するには新たなエネルギーが必要だ。

そのエネルギーを生み出すの人間である。

人間が増えればその生み出すエネルギーも増える。

 

つまり人間を増やし繁栄させれば、神は喜ばれる。

そうする人を愛される。

愛されれば、当然優先されるだろう。

つまり、願いは叶うのだ。

 

続く、、、、