読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

OH! 神様 その5 祈りと御利益

人が信仰に目覚めるのは御利益目当てであることが多い。

新興宗教などもそこにつけこむ。

御利益、大げさに言えば奇跡だ。

 

「奇跡は自然や物理の法則を超越します」。イエズス会の修道士ロバート・スピッツァーは、そう主張する。彼がカリフォルニア州で主宰するマジス・センターは、信仰と物理学と哲学を探究する団体だという。「奇跡とは科学的に検証できるものでしょうか? 答えはノーです。科学が確かめられるのは、自然界の現象が物理法則に合致しているか否かだけなのです」(モーリーン・オース、日経ナショナル ジオグラフィック社)

 

最近、スピリチュアルな事を量子力学と関連付けて解説しているサイトが増えた。

つまり引き寄せの法則などが量子力学によって裏付けられたという説だ。

その根拠の一つが2重スリット実験である。

www.youtube.com

つまり観察者の意識(観察しようとする意思)によって物のふるまいが変わる。

つまり望めば叶うという事だ。

 

でも、本当に叶うのだろうか?

 

生命とは意思を持った一つの知的エネルギー体の一部である。

そして一部であり全部でもある。

リンクしているのだ。

 

その一部が何かを願う。

リンクしているからそれは全体に伝わる。

意識は物のふるまいを変える。

 

ところが、、、

 

その一部が人類だとして70億の生命、人類以外もカウントすればそれは数えきれないほどだ。

そのわずかな生命が願う。

それはとるに足らない願いにすぎない。

だから強く願うしかない。

 

又、その願いが周りを害するものだったらどうだろう?

例えばがん細胞の増殖のような、、

 

つまり周りの益になるような願いを強く思わなければ叶う事はない。

 

祈りはエネルギーだ。

そしてそのエネルギーは正のエネルギーと負のエネルギーがある。

正のエネルギーは周りも一緒にどんどん増幅していくが、負のエネルギーは周りを疲弊させ減衰させる。

意思を持った一つの知的エネルギー体は正のエネルギーを必要としている。

だから正しい祈りしか実現しない。

 

もし、御利益を望むなら自分の為でなく、人の為に願うと良い。

自分にとって最も大切な人の為に祈ると良い。

そうすれば御利益が現れる。

そして自分に還元される。

 

それが正しい祈り方である。