読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

OH! 神様 番外編  寂聴さんも日光浴だけで生きてください。

www.sankei.com

瀬戸内寂聴さんといえば「説に生きる」という言葉を思い出す。

説に生きるとは「まだ、やってきてもいない未来を今から憂えても仕方ない、もすでに過ぎ去った過去を今更悔やんでも仕方ない、どうにもならないのだから今を大切に生きるべきだ。」というような意味だったと思う。

その瀬戸内寂聴さんが死刑制度について「殺したがるばかども」と発言した。

残念だ。

安保法制についての発言も残念だったら、今回は老人ボケかと思ってしまう程残念だ。

 

食物連鎖の頂点に立つ人間は他の生き物を殺すことで存在している。

ベジタリアンを自称する連中は動物を食っていないかもしれないが、植物を殺して食っている。

病気になれば体内の病原体を殺したがる。

 

「殺したがるばかども」とまでののしるなら、自らは何も殺すべきでない。

動植物を食べたいと思うのは、殺さなければ食えない事が解かっている以上、結果的に殺したがっているのと同じだ。

食いたい=殺したい、だ。

病気を治したいと思うのは体内の病原体を殺したがっているのと同じだ。

動物は、太陽光を栄養に変えて生きている植物を食べて生きている。

なら、寂聴さんも日光浴だけで生きてください。

それが私の願いだ、、、。