読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

匿名のどこが悪い?相模原殺傷 被害者匿名

我が愛読紙、産経新聞に興味深い記事があった。

 

www.sankei.com

上記はどうも抜粋らしく詳しくない。

こちらのほうが詳しい。

 

news.yahoo.co.jp

要は警察風情がマスコミ様を差し置いて、匿名にするのはけしからんと言っている。

 

識者も、、

立命館大学生存学研究センターの長瀬修特別招聘(しょうへい)教授(障害学)は「名前を公表せず、19人の人間を記号化してしまうことは、『障害者は人間ではない』という植松聖(さとし)容疑者の思想に重なる部分があるのではないか」と警鐘を鳴らす。

さらに、「重要なのはと指摘する。

更に、、

立教大学服部孝章名誉教授(メディア法)は「実名の開示は、どんな人物だったのか、どんなことが起こったのかを検証するのに必要だ」と強調。「メディア が実名を報道するかどうかは、警察ではなくメディアが責任を持って判断することだ。当局による恣意(しい)的な情報選別は、都合の悪い情報の隠蔽(いんぺ い)にもつながりかねない。『遺族感情』などを理由に、安易に匿名にすることは許されない」と批判している。

又、

「幼いときに一緒の施設で過ごした人が被害に遭った可能性があるが、名前が出ていないので分からない」。自身も障害者で、27日に東京都立川市から事件現場を訪れた山田洋子さん(45)は困惑した様子で話した。

 

では、山田洋子さんは一緒の施設で過ごした人に何故直接訊かないのだろうか?

「大丈夫でしたか?」

一言ですむ。

 

非公表の理由は『遺族による強い希望』だ。

 

そりゃそうだろう、身内に障がい者がいるなど、あまり知られたくないのが人情だ。

まして被害者だ。

その心の傷は大きい。

 

なのに、

『遺族感情』などを理由に、安易に匿名にすることは許されない」と批判している。

そっとしておいてやろうとは思わないのか?

被害者がどう生きてきたかを知らなければ、社会は悲しみや怒りを共有できないのか?

 

被害者の足跡や遺族の思いなどを世に伝える機会を奪った形だ。

いや、遺族が伝えるなと言ってるのだ。

 

 

単に思い上がっている。

というより自分たちの価値観を押し付けている。

 

驚きは、

障害者団体は「逆に障害者への差別になっていないか」と批判

報道すべきはどこの団体がほざいているかだ。

それこそ障害者団体とにごすのではなく実名を出すべきだ。

 

 

追記

 

どうも諦めきれんらしい。

 

www.sankei.com

「問題究明するすべない」服部孝章・立教大名誉教授(メディア法)

 「知 的障害者や精神障害者だけ匿名扱いするのは、さらなる差別を助長するという問題の答えになっていない。それに今回のような介護施設や精神科病院で火災や事 件事故があったとき、誰がけがをしたのか、誰が犠牲になったのかを公的機関しか把握していないというのは、外部が本人や家族らと接触できず、事故原因や捜 査の仕方などについて問題の有無を究明するすべがなくなってしまう。匿名発表は行政にとって都合が良い話だ。知的障害者精神障害者の施設は今後も増えて いくだろう。遺族からの要望があるとはいえ、こういう判断がされたことで、将来に禍根を残したともいえる」

 

猫屋の考えは単純だ。

人の嫌がることはするな!