読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

そう、手作りカレーは漢のロマン、、、とでも言うんですかねぇ~。(遠くを見ながら)

男の料理と言えばカレーであろう。

酔狂な友人はステーキ肉をいれたりする。

それも松坂慶子牛だ。

松坂慶子牛とは松坂慶子が最近太って牛のようだからと言っているわけではない。

単に松坂牛と松坂慶子が誤変換しただけの事なのだ。

どうすればそんな誤変換が可能か猫屋も不思議に思っている。

 

松坂牛のステーキ肉など、そのまま素直に焼いたほうが旨いのに、わざわざカレーソースで煮込むなど理解できない。

でも友人は、これが漢(おとこ)の料理だという。

猫屋は普通の肉で男の料理というほうが良い。

 

先日カレーを作った。

それも市販のルーでなく香辛料レベルからだ。

結構うまくいったので備忘録を兼ねて報告したい。

 

材料  (材料ではないが圧力鍋がグッドである)

① バター 適当(たぶん一人前15g)
② 唐辛子 適当
③ にんにく おろしたもの 適当
④ しょうが おろしたもの 適当
⑤ たまねぎ みじん切り  適当(たぶん一人前小1個)
⑥ トマト         適当(でかいのが1個あれば十分)
⑦ クミン         適当(たぶん一人前小大匙半分)
⑧ チリペッパー                適当(たぶん一人前小匙半分)
ターメリック                  適当(たぶん一人前小匙半分)
コリアンダー                     適当(たぶん一人前大匙半分)
⑪ 鶏肉                                 適当
⑫ 塩           適当
⑬ 水           適当(たぶん一人前カップ半分)
⑭ できれば丸ごと素揚げしたジャガイモ(好み)

作り方

前日に玉ねぎをみじん切りにして冷凍、使う時に解凍して置く。

そうすると、炒めるとき早く茶色になる。

鍋に①②⑦を投入、適当なところで⑤投入後茶色になったら、③④投入。

適当なところで⑥を投入、どろどろになったら火を止め⑧⑨⑩投入
このときしっかり炒めると辛くなる。(と思う)
その後⑪⑫を投入後⑪に火が通ったら⑬⑭を投入後、まあ10分くらい煮る。

最後に塩味確認後、完成。

できれば一晩おくか、最初から圧力鍋でつくる。

 

所詮、量も火加減も適当だが、間違えるとやばそうな分だけアバウトで分量を書いた。

適当と書いているからといって、例えばニンニクなど、ほんの数片あれば良い、トラック1台分も入れれば翌日は地獄だろう。

 

余談だが、福岡に網走というカレー屋がある。

そこよりははるかに美味い。

 

 

失礼、網走でなくアバシだった。

福岡に網走があるわけがない。