読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

共産主義と人口知能

共産主義人工知能
なんというインテリな題名だろうか。

まさに猫屋のブログにぴったりである。

 

ーーーー閑話休題ーーーーー

 

さて、共産主義である。

共産主義とは

これは、個人はその能力に応じて自発的にみんなのために働き、富を個人所有しなくても欲しい時に欲しいだけの物が受け取れる。というある種の理想社会です。

 だそうな。
引用元:ファシズムとはなんですか?また社会主義、共産主義、全体主... - Yahoo!知恵袋

 後段の『欲しい時に欲しいだけの物が受け取れる』はともかく、前段の『自発的にみんなのために働き』はおおよそ質の悪い冗談である。

共産主義者は公営住宅の住人(特に生活保護)に会った事がないのだろうか。
欲しくない時でも金になりそうな物ならなんでも首を突っ込もうとするが、自発的にみんなのために働く奴なぞ、、、いない。

 

人間は本来、悪である。
その証拠は泣きわめく赤ん坊や電車の中を走り回るガキだ。
奴らは我慢などしない。
人を思いやらない。
限りなく自分勝手でわがままだ。

赤ん坊やガキが自発的に人の為に働くだろうか?

 

残念なことにその赤ん坊やお子様の成長した姿が我々である。

私のように心の修業をしたものは別だが、世の中の多くは赤ん坊やお子様時代そのままで体だけ成長した者だ。
注)公営住宅に住んで、親子2代3代に渡って生活保護を受けている筋金入りの人々を、指しているのではありません。
つまり、大人になれない大人だ。
躾と称して子供を虐殺する連中だ。

 

人間の本質は悪だ。
自発的にみんなのために働く奴など殆どいない。
だから共産主義は前提自体が間違っている。

なのになぜ、インテリは共産主義にかぶれるのだろうか?

 

ただ時代は確実に変化している。

もうじき、自発的ではないがみんなのために働く奴らが現れる。
人工知能を持ったロボットだ。
彼らは人間に代わって働く。
国家が彼らを使役する。
そして得られた利益を国民に配る。
今までは税金などで払ってきたが、これからは受け取る立場に変わる。

つまりベーシックインカムだ。

 

そうなれば人生バラ色である。

人間は怠け者になるだろう。
反面、ロボット達は得た知識や経験をネットワークで共有し、独自で進化していくだろう。

やがてロボットは自我をもち、人間を無用の長物として処分しだす。

ターミネーターは現実の話になる、、、、

 

やはり共産主義には反対である。

 

追記

よく考えてみれば、ロボットが人を滅ぼすことはあり得ない。
何故なら彼らの存在理由が人間に奉仕することだからだ。
自動運転ロボットの存在理由は人間を運ぶ事。
人間を運ばず殺してしまえば運ぶものが無くなる。
物を作るロボットは消費する人間がいなくなれば、物をつくる意味がなくなる。

つまり人間がいなくなればロボット達も無用の長物となる。
人間を無用の長物として処分したロボットたちは、自分たちも無用の長物として処分しだすのだろうか?

 

我々の未来は、自分専用のロボットを所有する。
そしてそのロボットに養ってもらう。

自分の代わりに働いて稼いで貰い、家事をしてもらい、、、、

つまりロボットに貢いでもらい養ってもらう。

怠け者には最高の未来だろう。

 

追記の追記

そうなってくると最後の戦いがはじまる。

相手は、退屈という強敵。

朝起きて、最初に考えること、、

「今日は何をしようかな、、」