読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

今時の母子家庭考

母子家庭は2極化しています。

  •     自立しているか
  •     依存しているか。

自立している代表例がキャリアウーマン。

経済的に余裕があります。

特に看護婦さんは稼ぎも良いし、強いです。(気が)

 

問題は依存している人
男がナマでないと良くないからと避妊もせず、ついに懐妊。
結婚するからなどと言いながら、はらぼて女は捨てられ、気がつけば中絶もできず、無事シングルマザーの誕生です。
碌なスキルもキャリアもないし子供がいるので働けない(でもちゃんと働いている女性は沢山いますが)ので生活保護と母子手当

親と同居すれば家賃はいらないし、いざとなれば子供の面倒を見て貰って働くと言う手もありますが、依存はしても干渉はされたくない遊びたい。(自立するから、親と同じ公営住宅の違う棟に引越した人がいます。)

だから別居。
そして、そもそも働きたくないけど、小金欲しさにアルバイトするときは、子供を室内に閉じ込める(放置)。

お腹を空かせた子達は大号泣。

当然クレームとなり管理会社に連絡がいきます。
注意すると後日、事務所に男が怒鳴りこみます、母子家庭なのに、、、、

 生活保護費+母子手当を目当てに、男が入り込みます

でも結婚はしません、母子家庭ぢゃ無くなるから。

いつまでも内縁関係。

そして昼間からごろごろ。

なにかあると張り切ります、オレは男だ!(屑だけど)

だから怒鳴りこむのです。(内縁の妻の連れ子を躾けるように)

 

ある母子家庭は、毎年子供が増えます。
でも兄弟姉妹なのに、あまり似ていません。
仕方ないですよね、お父さんが皆違うから。

まあ、『保護費と無料(格安)セックスが目当て』、という関係ですから、お互いとっかえひっかえです。

 

でも多くのシングルマザー達は一生懸命頑張っています。

ところが一部の不心得者のために色眼鏡でみられます。
このブログもそうです。
 

生活保護も含めて制度の運用を変える時期に来ていると思います。

 

ところで母子家庭の皆さん、気持ちが良くないからとナマ出したがる外道のような男はパートナーもお子達も虐待しますよ。

自己中ですから。