読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫屋不動産

不動産屋のブログ

貧困ビジネス

昨日のTVでは宗教法人がやってる貧困ビジネスを伝えていた。

これは以前にも新聞等で報道されている。

www.sankei.com

TVのコメンテーターは一様に顔をしかめていたが、猫屋的にはやり方としては正しいとい思っている。

ただし、運用する主体が国か地方公共団体だったら、という条件付だ。

 

概要は3畳一間のTV布団付エアコンなしの部屋を与え、保護費13万から家賃と食費そのたもろもろでなんだかんだ取っ払い、受給者には1日1000円の現金しか渡さないというもの。

猫屋的には、受給者を一ヶ所(寮?)に集め、食・住を保証し普段は職業訓練やボランティア活動をさせる。

医療は薬の横流しを防ぐため、指定病院のみ、食券制度。

住いは空家になった公営住宅等を利用。

酒などのし好品・ギャンブルは禁止。

 

こんなことを書くと心優しいリベラルが文句言いそうだ。

なんせ、パチンコは憲法で保障された最低限度の生活などと主張している。

又、生活保護者を一ヶ所に集めて居住させるのは世に知らしめることになり人権問題だとも言う。

では身体障碍者が住まう寮はどうなのか?一ヶ所に集めて居住させる。

母子寮は?

 

保護者は保護費を給料と呼ぶ、働いてないのに。

当然の権利のように言う。

そして甘んじる。

要はクズのような人間をより腐らせているのが生活保護だ。

覚醒剤で頭がおかしくなって働けないから生活保護

 

だったらひとところに集めて更生させればよい。

嫌なら自分でなんとかしろ。

頑張るなら助けてやるが、乞食には手助けしない。

 

老齢で働けないなら生活保護寮に入ってできる仕事やボランティアをやれ。

街や公園の掃除でもよい。

できることをやれ。

そうすれば、保護してやろう。

 

 

 

 

 

残業100時間

残業上限規制の制度案で残業「月100時間未満」で労使合意したらしい。

www.sankei.com

それに対して

www.sankei.com

という意見もでている。

 

猫屋としては、このような規制をしても現状は変わらないと思っている。

何故なら表に出てこないサービス残業が多いからだ。

例えば、管理職だと残業に手当てがつかないことなど、サービス残業の最たるものだ。

おかげで名目だけ、なんの権限もない管理職が増えている。

 

残業が減らないのは、人件費を安く抑えられるからだ。

人手が足らないなら増やせばよいものを、人を増やすと人件費がかさむから残業で乗り切ろうとする。

人手不足が深刻な中小企業は規制をクリアするのは簡単ではない、という。

でも人手不足なのは給料が安く残業しないと食えないからではないか?

待遇が悪いから人が集まらないのだろう?

でも人件費がかさばるとやっていけないと、経営者は言う。

人件費が嵩んでやっていけないなら、平日ゴルフなど行かず社長自ら頑張って働けばよい。

残業すればよい。

それでもやっていけないなら廃業すればよい。

乱暴な意見だが、まともな給料もだせないなら、そんな企業は淘汰されるべき。

安い給料でダラダラ働かせて、残業させて残業代で人並みな給料。

これで生産効率が上がるはずがない。

 

猫屋は、別に100時間という制限を設けなくても良いと思っている。

その代わり手当を1.5倍から3倍以上にする。

サービス残業をさせた経営者(上司や担当者でなく)は懲役などの実刑を課する。

そして残業させる代わりにワークシェアリングを導入する。

定年退職したOBなどをパートタイムで月100時間くらい補助させる。

そうすれば3倍の手当てもいらないし、働く側のOBも年金の不足分をカバーできる。

又、これから社会に出る予定の学生を使えば、よい研修にもなる。

いろいろな企業で経験すれば、自分のやりたい仕事もみえてきて、転職率も下がるかもしれない。

 

 

 

ミンシン君

民進党の新しいキャラが男と女のにゃんにゃん風に見えるという。

蓮舫代表が民進党新キャラクター発表も「直視できない」恥ずかしい理由とは?(1ページ目) - デイリーニュースオンライン

mainichi.jp

なるほど、女のバックから男が、、、、

 

ではいっそのこと、ミンシン君でなく妊娠君にしたらどうだろうか?

少子化対策ということで良いと思うのだが、、、

れんほーちゃん

 

 

そんなに永山基準を重視するなら法律にしたら?

我が愛読紙産経新聞によると、死刑から無期懲役になったらしい。

www.sankei.com

事件の概要は、当時小学校1年の女の子を誘拐して殺害後、遺体を切断、損壊後捨てたという事らしい。

この事件は充分異常だが、より異常なのは遺体を切断後『損壊』している点だ。

遺体発見当初、腰の部分が未発見だったが、解剖の結果、骨盤が確認できたと発表された。

つまり解剖しなければ腰の部分とは解からなかった、、、、

原型を留めていなかった?

 

www.sankei.com

記事には死刑の基準は永山基準に基づく。

永山基準で最も重視されるのは被害者の数らしい。

 

今回の裁判では『被害者が一人の同種事件では死刑が選択されていない傾向が見て取れる』『計画性がない』『苦痛をことさら増やしたとはいえず残虐性が極めて高いとした判断には賛同できない』と判示したらしい。

 

絵のモデルになってと、いたいけな少女を騙し誘拐して殺害、遺体を切断・損壊して草むらに捨てたこの犯人。

この鬼畜のような変態男、死刑以外、考えられるだろうか?

 

 

 

 

 

 

アカデミー賞に想いを寄せる

今年のアカデミー賞は黒人が受賞したためか、昨年ほど白っぽくないようだ。

その代わりトランプ批判。

とにかくメディアはトランプが大嫌い。

それは日本も同じである。

先日の池上彰氏の 2時間SPもそうだった。

www.youtube.com

本来の報道とは肯定的な意見と否定的な意見両方を取り上げ、最終的な判断は視聴者に委ねるべきだと思うのだが、何故か池上彰氏は断定する。

まるで全知全能の神だ。

 

これは池上氏だけではない。

殆どのマスコミがそうだ。

そして悪質なのは殆どが匿名記事。

新聞でも署名記事は数えるほど。

つまり巨大新聞や放送局の影に隠れて言いたい放題。(それからいけば池上彰氏はまともかもしれない)

 

つい最近も、大阪・豊中市にあった国有地が、鑑定価格より大幅に低い価格で学校法人に売却されていた問題。

この事件を紹介する際のコメントは『8億円も値引きされた』という枕詞がつく。

そしてその後に、ごみの撤去費用として、、、と続いていく。

 

不動産取引では地下埋設物は瑕疵にあたる。

買主が瑕疵の存在を知らずに購入した場合、売主に損害賠償などの請求ができる。

そして大切なことはごみの撤去には結構な費用が掛かるという事だ。

何故なら分別しないといけないからだ。

基本は人力。

もし医療廃棄物等が混ざっていると、話はもっとややこしくなる。

 

そして、これも大切な事だが、買主は撤去費用を貰って(値引き?)も、撤去しなければいけない義務はない。

買主自身がそれでよいならそのままだ。

それで困るのは買主自身。

先々、転売するときに撤去費用を負担するか値引きすることになるだけ。

それ以前に得体のしれないゴミの埋まった小学校の校庭で遊ばせたいと思う親はいないだろう。

 

話は随分とそれたが、アカデミー賞に黒人枠があるなら問題だ。

審査はあくまで作品の質で決めるべき。

有色人種だからというのは理由にならない。

それは女性の議員や法人役員・管理職に枠を設け目標達成率を競うのと同じ事だ。

質や能力でなく、枠で決まるなど意味はない。

逆に本人が苦しむだけ。

民進党の代表が良い例だろう。

 

又、イラン人の監督授賞式への出席の拒否も如何なものか。(気持ちは解からんではないが)

ただ、9.11や今世界各地で起こっているテロを考えれば、入国禁止というのも解からんではない。

もし日本も東京オリンピックイスラム国の不法入国者にテロを起こされたらどうだろうか?

不法移民もそうだ。

日本に不法入国している外人が強制送還されたからといって、誰も文句は言うまい。

それとも不法入国した哀れで善良な難民に生活保護を与えてやろうとでも思うのか?

職を与え、日本人自身は失業や非正規の低賃金にあえぎたいのか?

 

日本は移民や難民に門戸を拡げているとは言い難い。

その代わり企業は海外に進出して国内の雇用を奪っている。

 

トランプはメキシコ国境に壁を建てることで国内の雇用を守ると言っている。

日本はどうやって国内の雇用を守るのか?

賃金労働者の4割が非正規になっている。

 

幸せになるには

離婚した当初、食事は全て外食かコンビニ弁当。

でもすぐに飽きた。

仕方ないから自炊。

とはいえ、平日は仕事で遅くなることも多いので、休みの日に作りだめをする。

料理本やネットで検索し、多めに作って冷凍。

平日はそれを解凍して食事。

慣れてくると手際が良くなり、色々と手の込んだ料理にも挑戦しだす。

俗に言う男の手料理だ。

休みだから時間はあるし、金に糸目は付けない。

牛肉?

A5のステーキ肉で半日煮込んだビーフシチュー。

 

腕もあがり、本人が言うのもなんだが、

旨い。

 

そんな調子で毎週、やってたが、、、。

噂(と言っても本人が吹聴していただけなのだが、、)を聞きつけて、友人夫婦がご相伴に預かろうと押しかけてくる。

そして楽しいひととき。

 

料理は不思議だ。

高級食材で手間と金かけてるのだから、独り占めして食ったほうが良い筈。

なのに皆で食ったほうが旨い。

 

というより、美味しいと喜ぶ顔が見たい。

喜ぶ顔を見るとこっちもより嬉しくなる。

 

繰り返すが、猫屋はケチだから独り占めしたいはず。

でもみんなで食いたい。

喜ばれたい。

喜ばれたほうが幸せな気になる。

 

どんなに美味しい料理を一人で食っても幸せにはなれない。

幸せになりたいなら、みんなに分け与える事だ。

美味しい料理を食べさせて皆を幸せにする。

皆を幸せにすれば、今度は皆が幸せにしてくれる。

 

幸せは自分の力だけでなれない。

幸せは人にしてもらうものだ。

 

その事にもっと早く気がつけば、もっと早く幸せになれたかもしれない。

 

 

 

買ってはいけない建売

このブログのアクセス解析をみると、『パワービルダーの家』というのがよく読まれているようだ。

だったら、補足という意味であくまで私見だが『買ってはいけない建売』とはどういう物件かを説明しよう。

 

今の日本は既に家余りだ。

空家が社会問題化している。

でも空家になるのは、山の上とか僻地に建つ家だと思い込んでいる人が多い。

だがどんな家でも空家化する可能性がある。

下記のような家が特にそうだ。

  • トイレが階段下にある。
    これから少子高齢化が進むが、問題は介護だ。
    介護でも一番厄介なのがトイレだ。
    入浴と違い1日に何度もある。
    便器に座らせるのが一苦労だろう。
    でも、トイレが狭いとできない。
    当然リフォームということになるが、トイレが階段下にあると全く拡張性がないのだ。
    f:id:super_nekoya:20170215151315j:plain
  • 寝室が2F
    以前住宅の1FはLDK+和室が多かった。
    その和室も6帖+収納か床の間。
    大体に延床で30~35坪くらいだった。
    最近の建売は精々27~8坪、和室も4.5帖の置き和室くらいで収納が無いのも多い。
    介護は、基本1Fだ。
    2Fまで高齢者を連れて行くのは大変だ。
    風呂もトイレも食事も1Fが基本。
    だから介護室(寝室は)は1Fに欲しい。
    つまり平屋だ。
    でも最近の建売では無理だ、狭い。
    これはパワービルダーの家に限らない。
    大手HMでも同じ事が起こっている。
    原因は建築費の高騰。
    だから家を小さくせざるを得ない。

最近の家はリビング階段が多い。

理由は家族の出入りが解かるから。

でもデメリットは大きい。

リビング階段は煙突と同じ。

熱が逃げる。

高齢者住宅ではこれは致命的だ。

でも廊下がなくなるからその分リビングを広くできるし、家を小さくできる。

 

トイレ介護のリフォームもできず、階段で上り下りしなければならず、冬寒いリビング。

このような家はこれからの高齢化社会では淘汰される。

淘汰されるのはいいほうだ。

売却しようにも買い手がつかない。

住みにくいから。

 

でも売ることができるなら、その分マシだろう。

もし新築購入時に頭金0なら、売値より残債が多くなるのがほとんど。

つまり別に借金しないと売るに売れない。

ではどうするか?

貸家にして、自分たちは安いアパートに住むしかない。

でもそんな貸家が増えれば家賃も下がる。

そうなれば貸しても金詰まりだ。

挙句、自己破産・競売となる。

 

家を買うならよく考える事だ。